2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
















鉛温泉(後半)(^^)/

鉛温泉(前編)の続きです!

数ある温泉の中でも、いちゃん楽しみにしてたんは、全国でも有名な「立ち湯」でしょう!

DSC09890.jpg 

入り口は1Fでして、湯船は更に階段を下りますよ!
(元々、下の岩盤をくり抜いた温泉なのでこんな構造なのね!)

見上げると3階くらいの吹き抜けでして、開放感に包まれます!

DSC09894.jpg   DSC09893_20110106234152.jpg  

こちらの湯船は、とにかく深くて、125cmございます!

DSC09904.jpg 

2段程下がれば、すっかり立った状態になりますが、背の小さいオイラは肩まで浸かりヌクヌクね(^_^;)
(あっ!言い忘れましたが、こちらは混浴です!流石にこん体勢だと女性客は難しいよね!)

当然、女性専用時間が3回/日ございますので、そちらをお勧めします!

DSC09907.jpg   DSC09906.jpg

下からは、こんこんと源泉が湧き出てましたよ!

イメ-ジ的にはプ-ルを想像してみて。浮力と全身を刺激する感覚が何とも新鮮でしたね!

変わって、こちらは「桂の湯」です!

DSC09895.jpg

内湯と露天風呂がありまして、露天は川のせせらぎを聞きながら浸かる温泉です!

DSC09896.jpg

DSC09897.jpg   DSC09898.jpg

撮影したのが、夜中の2時頃でしたので、既に外は真っ暗ですが、0時くらいまでは、川沿いがライトアップされ、幻想的な風景を見渡すことが出来るのね!

ちなみに朝方は、こんな感じです!

DSC09916.jpg 

とにかく、なんにもする事ないんで、時間に縛られないノンビリとした温泉を満喫出来ましたよ(*^_^*)

皆さんも機会がございましたら、是非お試しくださいな(^_^)v

鉛温泉:「藤三旅館」
[ 2011/01/07 ] 温泉 鉛温泉 | TB(0) | CM(4)

鉛温泉(前編)(^_^)v

4日より仕事が始まり、早くも現実逃避したい「おでんのさん」でございます!

ありゃ-年末は、美味しいモンと、温泉に癒された日々が懐かしいのね!

そんでは、年末に訪れた、鉛温泉「藤三旅館」を紹介しましょ。

DSC09939.jpg

当然泊まるのは湯治部でしょ!9月に予約してまして、雰囲気満点でしたよ!

DSC09914.jpg

DSC09934.jpg 

んでも、晩飯だけは、凄くぜいたくしました!
(旅館部の最高な料理を食べてるのはオイラだけかも(*^_^*))

「晩ご飯」と「朝食」ね!

Y373645279.jpg   DSC09922.jpg 

そうそう、オイラは湯治部屋の川沿いの部屋でしてね、暖房はコタツしかありませんの(^_^;)

部屋から見える風景はこんな感じです!

DSC09927.jpg   DSC09885.jpg

300円追加すると、FHが付いてくるそ-な!(灯油代は別ですが・・)

寒くなってきたし、温泉に浸かりましょう!

こちらでは、5つの温泉を楽しむことが出来ます!オイラが見た感じ、少なくとも源泉は3つかな!

まずは、「河鹿の湯」こちらは、温めでしてノンビリ出来る温泉でした!

続いて、一人で豪勢な食事しまして、本館にございます「白糸の湯」

9536_3.jpg    Y373645235_20110106231950.jpg 

翌朝には「銀の湯」にも浸かりましたよ(^^)/

どちらも温めになってますので、長湯出来そうですが、成分の濃度が濃いので、ピリピリするほど効果的なん!

 DSC09935.jpg  DSC09929.jpg 

後半は、今回の目的の湯船を紹介しますね(^^)/
[ 2011/01/06 ] 温泉 鉛温泉 | TB(0) | CM(2)