2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03
















ランプの宿「ランプと食事編」(^_^;)

「ランプの空間」の続きです!

夕食の時間ですよ!って大広間に集合なのね


DSC_0057.jpg


あい、30分遅れで訪ねましたらオイラビッケツでしたよ!

「山の幸づくし(ばんげ食)」

DSC_0037.jpg

山の幸満載だね!

 
DSC_0039.jpgDSC_0042.jpg

イワナの塩焼きに、けの汁、リンゴとビ-ル!

 
DSC_0050.jpgDSC_0047_20140114194218a54.jpg 
DSC_0056.jpg 


実はこのマスのマリネが一番のお気に入り!!

DSC_0054_20140114192100828.jpg 


ご馳走様でした!凄く美味しかったですが、天ぷらが温かったら、もっと良かったね!(遅く来ておいてダメだね。。!!)

さて、また温泉浸かってウンヌン?って考えましたが少し酔っているんで後ほどかな?

P1030768_2014011420114886a.jpg P1030769_201401142012231f6.jpg


仕方なく9時半消灯じゃなくて、8時からスト-ブ消して就寝。。こういうのも悪くないさ!!


んでも、酔いが覚め夜中さぶくて起きたんだ-、って温泉入らなきゃ!!


PC284567.jpg 



「健六の湯」です!ありゃ?誰もいませんが、ランプだけでは本当真っ暗です(笑)

んでも本当に温泉は素晴らしい!!

いずれも温泉の写真は撮影出来ませんでしたので拝借です


kenroku.jpg utiyu.png

「兼六の湯」と「内湯」です!


01010011553_20140117123522fa0.jpg H0000197477_2014011712354602b.jpg 

「滝見の湯」と「混浴露天風呂」でした!(露天は脱衣所ないので「滝見」からマッパで走り抜けが必要です

朝食も大広間でして、元気は朝食からって美味しく頂きましたよ!


DSC_0068.jpg

そうそう、「ホタテと山菜の柳川風!」これ美味しかった!


DSC_0073.jpg

当然、デロデロな感じでオンザライスしましたもんね-


たった一泊ですが素敵な温泉宿でございましたよ!


DSC_0008.jpg

機会がありましたら是非お訪ね下さいな(^_^)v

ちなみにオイラは、もう一人では行きませんけどね!(んだって、ものすごく寂しいの

住所:青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7


追記:
①お一人様でいらっしゃる方が多くて驚きでした!
②オイラは寂しがり屋なんで、人と文明が恋しくて堪りませんでしたよ!
 (津軽弁は怒られてる感じで辛かった。。(^^;))  
③電気と携帯通じませんが、消防法上の最低の電源はあるようです! 
④とにかく温泉が素晴らしい!(時間に余裕のある方は連泊をお薦めします。)
[ 2014/01/16 ] 温泉 青荷温泉 | TB(0) | CM(0)

ランプの宿「ランプの空間編」(^_^;)

「道のり編」の続きだよ!

DSC_0002.jpg

夕食まで時間があるので4つの温泉を楽しみましょう!

まずは、一番人気の「健六の湯」に移動なん。

DSC_0007_20140103235521d93.jpg 

総青森ヒバ作りのデッカイ浴槽にナミナミと源泉が注がれてまする~
(流石に他のお客さんいましたので写真はNGね!)


P1030757_201401030904556fa.jpg 部屋で湯上がり頂いてから、外へ移動移動

DSC_0025.jpg 

清流を越えますと「滝見の湯」でございます!

DSC_0019.jpg

内湯と露天がありましてね、目の前には「龍神の滝」が流れますのね

DSC_0024.jpg

浴びせ湯だけして雪の上をパタパタして、ザブ-ン!
「((ビッヤヒャッノゥワッツ~!))」
↑↑↑ 声にならない悲鳴です


寒中水泳でした。。(>_<)  慌てて内湯の寝湯にザブ-ンだよ(>_<)

そんで、滝を見ながら観察してますと、バカだね-、皆オイラと同じ行動とるのね(笑)

i54_20140104010848f42.jpg

そうそう、泉質はいずれも無色透明な単純泉で温めな感じでして、ノンビリと長湯出来ちゃう感じ!
(滝見露天は冬場×だぞ!)

アルカリ泉では最高の泉質ですね!まとわる感じと湯上がりのしっとり感が半端ね~の!!

DSC_0026.jpg

トイ面には「混浴露天風呂」があるんですが、もう少しで「女性専用時間」になるんで後ほど-!

あと、日が暮れてきたのでランプと自然のコラボが本当素晴らしいんですよ♪

「渡り廊下とロビ-!」

PC284556.jpg PC284557.jpg  

「滝見の湯!」

PC284562.jpg 

「外の清流とか!」

PC284560.jpg PC284563.jpg 

ありゃ?ふざけすぎたか(*^_^*)

部屋は、よりいっそう暗くなりましたので、ランプを見つめながら人生について考えてみよう。。

携帯も、TVも、電気もない空間!たまにはこんな時間の過ごし方も悪くないかもね。。

P1030761_20140104005647475.jpg って、1時間くらい思いふけってたら、、、「あい!飽きちゃったど-!」

「ぬぬっ、、浅すぎるぜ!オイラの人生!

んでは雑誌でもって、非常電灯付けるんだけど、、無理じゃね。。

P1030762.jpg  あい、、腹減ったんで、「ランプと食事編」に続きまする~(^_^;)
[ 2014/01/15 ] 温泉 青荷温泉 | TB(0) | CM(0)

ランプの宿「道のり編」(^_^;)

年末の青森温泉の旅!今年は趣向をかえて「ランプの宿」に向かいましたよ

P1030742.jpg P1030781_201401022231495ab.jpg

弘前まで「特急つがる」で来まして、弘南鉄道で揺られること「黒石」へ!

P1030783_201401022233425f1.jpg P1030784_2014010222364002c.jpg

そっからロ-カルバス訪ねましたら、「どさ湯さ」チケットで格安で往復できるらしい。。

P1030745.jpg 

「どさ湯さ」→通訳:「あなた、今から何処に行くの?あい、温泉にでも浸かろうかと思いましてね!」
 素晴らしいぜ青森!そんな暗号みたいなので通じる訳ね

P1030778_20140103085901cca.jpg P1030746.jpg

大きなダムを越えて、更に送迎バスで山奥へ!もう携帯通じませんの(^^;)

青森駅より3時間以上かけておじゃましました!こちらが「青荷温泉」(ランプの宿)です。。

DSC_0006_2014010222414638c.jpg 

先ずはロビ-で注意事項等ききましたが、ちんぷんかんぷん

DSC_0004.jpg 

DSC_0001.jpg

部屋に案内されますと意外と普通。。あと注意書きありましたので解読ちう??

PC284547.jpg

ありゃ、9時30には消灯なん!そんなの無理~(笑)

DSC_0016_20140103091124a71.jpg 

そんなこんなしてる内にアチラコチラでランプがつるされましてね、柔らかな光に気持ちが和みます。。

 DSC_0022.jpg DSC_0021.jpg

とにかく時間だけは有り余ってるんで、あっちゃこっちゃ探検するのだ

DSC_0020.jpg

おっと、ノンビリしすぎると暗くなって布団敷かなくちゃ

 DSC_0032.jpg  ありゃ、長いので「ランプの空間編」に続きます(^_^;)
[ 2014/01/14 ] 温泉 青荷温泉 | TB(0) | CM(2)