FC2ブログ

2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

















中島旅館(大理石風呂編)!

「はんげ編」の続きです!

美味しかった料理はお願いして早めにしてもらいましてね、時間帯で男女が入れ替わるらしい!!

DSCN5208.jpg 

あい、大理石風呂ですのね

DSCN5231.jpg 

思ったとおり、他のお客さんは今時間夕飯を食べながら一家団らんしてるのでしょうかね?

DSCN5228.jpgDSCN5221.jpg

コチラの湯舟は先ほど程大きくはありませんが、一人なら十分すぎるほどノビノビです

DSCN5216.jpg 

あい、何故か解りませんが、個人的にはコチラがお勧め

そうそう、折角なので館内を探索しましょう!

DSCN5148.jpgDSCN5263.jpg

漆で塗られた廊下も階段の彫刻もピカピカですね、よほど掃除が行き届いているのでしょうか

DSCN5147.jpgDSCN5138.jpg

ありゃ、「家族風呂」もあったのか?んでも一人だけで独占するの申し訳ないしね。。

DSCN5261.jpgDSCN5260.jpg 

さ-て、やることないんで、早々就寝しましたよ!


あい、元気の源は「朝食」~

DSCN5237.jpg 

素朴な感じですが、美味しく頂きましたよ

今回のお宿は安くて美味しいし、ノスタルジックな空間が是非お勧めです!

DSCN5087.jpg 

お世話になりました!!機会がありましたら是非お試しくださいな( `ー´)ノ

住所:岩手県花巻市字台1-190

[ 2018/09/27 ] 温泉 台温泉 | TB(0) | CM(0)

中島旅館(ばんげ編)!

「岩風呂編」の続きです!

湯上り少し外の風に触れたくて夕涼み!

DSCN5162.jpg 

夕暮れの旅館は優し気な明かりに照らされて、いい意味でノスタルジ~

DSCN5163.jpg 

当然、湯上りの一杯は「タカラ」です

DSCN5157.jpg こっそり大量に持ち込みました(/ω\)

さて、楽しみの晩御飯の時間だよ

DSCN5181.jpg

「カレイの素揚」を甘辛くあえてましてね、タカラのツマミにピッタリです 

DSCN5191.jpgDSCN5175.jpg

優し気な料理が沢山の小鉢に盛られてましてね、少しづつ摘まめるので嬉しいかぎり!

DSCN5168.jpgDSCN5186.jpg 

そうそう「三陸のお刺身」もご堪能くださいな

DSCN5180.jpg

山の幸・海の幸と満載ですね

あい、ナメコの味噌汁にご飯は「五穀米」なんだね!(岩手名物とは知らなんだ?)

DSCN5183.jpgDSCN5184.jpg

珍しいのは「ホロホロ鳥」の「土瓶蒸し」です!

DSCN5198.jpgDSCN5206.jpg 

メインは「豚の陶板焼き」でしてね、海老まで焼いちゃいました

DSCN5202.jpg 

ご飯食べるのヘッタピなオイラでも美味しく完食なん

DSCN5203.jpg 

さて、お腹も一杯になったし、別のお風呂も浸かってみましょう~( `ー´)ノ


「大理石風呂」へ続きます!
[ 2018/09/26 ] 温泉 台温泉 | TB(0) | CM(0)

中島旅館(岩風呂編)!

あい、今回の目的地台温泉に到着しましたよ

DSCN5085.jpgDSCN5086.jpgP_20180916_155916.jpgP_20180916_155856.jpg 

花巻温泉郷にあって、開湯1200年の歴史をもつ老舗の温泉街なのね!

DSCN5141.jpg 

今回お世話になりました宿は中島旅館さんです

DSCN5139.jpgDSCN5142_20180921191309ac1.jpg

戦後昭和18年に、宮大工さん達が腕を競って建てられた木造3階、2層構造の4階建てなんですね

早速部屋に案内されましたね、2階の6畳間、あい落ち着ける空間です!

DSCN5088.jpg

古風な感じですが、冷暖房は完備、当然TVも勿揃っています!

DSCN5158.jpgDSCN5154_20180921191136f8c.jpg 

してして奥には冷蔵庫と、足のマッサ-ジ機まであるのには驚きでした

DSCN5091.jpgDSCN5137.jpg

それでは早速温泉に浸りましょうか!

浴場は地下に降りるような構造でしてね、時間帯も良く貸し切りみたい

DSCN5096.jpg 

あい、先ずは岩風呂です

DSCN5097.jpg 

岩盤を堀って作られたらしく、何か秘密基地みたい

DSCN5120.jpgDSCN5121.jpg 
周りは削り取られた岩盤の壁、これらを囲うようにパルテノンの柱がそびえてっています

DSCN5128.jpg 

浴槽も削り取ったような感じでしてね、見えづらいですが手前は50cm位、中ほどは90cm位の立湯となります!

なんかね-、下からも沸いてるみたいだよ!

DSCN5114_20180921194109fe8.jpgDSCN5125.jpg    

当然ながら、温泉は欠け流しでしてね、肌触りがスベスベなのさ

DSCN5131.jpg 

気持ちいわ~、晩御飯まで時間あるのでノンビリなのね~(#^.^#)

あい、→「ばんげ編」に続きます
[ 2018/09/25 ] 温泉 台温泉 | TB(0) | CM(0)