2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
















高友旅館 後編(^_^)v

前編の続きです!

紅葉風呂をあとにしまして、次なる風呂へ・・・・

DSC02238.jpg 

こちらのラムネ風呂は終日女性専用でございますので、残念ながら入る事が出来ませんでした。

仕方ないんで、更に細い路地を抜けまして同じ成分の「ひょうたん風呂」を目指します。(なんか怖いんですけど 汗々

DSC02237.jpg

そしたら、先客で結構混雑してましたので明朝浸ることにしまして、なんもする事無いんで、部屋でグダグダしてましたら、9時という早い時間ですが、就寝いたしましたよ-。
(前日の寝不足と、疲れが一気に押し寄せちゃったのね-)

次の日は年寄り並みに早起きしまして、(おっさんですが(^_^;))「ひょうたん風呂」へ・・・

DSC02240.jpg

若干黄色がかった温泉は若干油臭がするものの、黒湯を薄くした感じです。

4人位で一杯な浴槽に、じっと浸かってますと、体中に小さな気泡に包まれまして、凄くすべすべして気持ちが良いです。

当然こちらも加温加水一切無し、贅沢に掛け流しなんですね!

これで、こちらの旅館の温泉は完全制覇でしょうか?

冬期間休みの「プ-ル風呂」と女性専用の「婦人風呂」「ラムネ風呂は仕方がない。
オイラが入ったのが黒湯」「紅葉」「ひょうたん」

ん?一つ足りね-ぞ!どこだよ~(>_<)

ん~ここだよな-多分(^^;)

DSC02246_20110219184326.jpg

×されているが、ここしか考えられん!

そんで向かいましたのは家族風呂です。

DSC02241.jpg 

干黄色がかった温泉は、すべすべして気持ちいいのですが、誰も入っていなかった様子でかなり熱つ-ございましたよ!

家族風呂を上がる頃には、朝食でしてね。。
DSC02247.jpg

朝からボリュ-ムある食事に大満足でしたよ!

朝食会場を後にしまして一角の洋間にあり得ない物を発見しましたのね!

DSC02258.jpg

文明にかけ離れたこの旅館に「アップル社のパソコンなん!」って、しかもちゃんと作動しますし、ネットも可能なのね!

こんな事ならケ-ブルとかもってこれば良かったな-!

勝手な偏見で見くびっておりましたm(_ _)m

DSC02260.jpg

外は霜が降りてまして、寒そ-です!最後にもう一度黒湯に浸かり出かけましょうか!

DSC02254_20110219184802.jpg

改めて、体にしみる良い温泉です!時間が許されれば、1ヶ月位滞在して本当の湯治を堪能してみたいですね。(^_^)v

旅館の皆様大変お世話になりました。<(_ _)>

皆さんも、秘湯と言われる「黒湯」を一度体感してみてくださいなm(_ _)m

高友旅館
[ 2010/01/05 ] 温泉 東鳴子温泉 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://odennosan.blog134.fc2.com/tb.php/178-e3dad8ab