FC2ブログ

2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09








「岩風呂編(三之亟)」♪

「ばんげ編(三之亟)」の続きです!

illustrain00-ikura-0005.png 

いつに間にか寝てもうた。ZZZ    夜中の肌寒さで起きましたぞ!
(誰かが知らないうちにエアコンとコタツ切ったみたいだね。。

なので夜中ですが、メチャ熱かった「岩風呂」向かいましょう!!

DSCN6429_2019010720441718b.jpgDSCN6428_20190107204323d30.jpg 

今回こちらのお宿にした最大の目的はこの岩風呂なんです

DSCN6392.jpg 

あい、流石にコノ時間だと貸し切りだべね、、そうそう、混浴なんですね

DSCN6393.jpgDSCN6394.jpg 

向かって左が「女湯」、右が「男湯」だけど脱衣所抜ければガッチャンコ

DSCN6536.jpg 

うす暗いけど湯気がモクモクです、早速一番上の高湯ね!

DSCN6533.jpgDSCN6516.jpg

源泉洞からはモクモクでしてね、天井からは打たせ湯が注がれていますよ

DSCN6403.jpgDSCN6514_20190107212703d5a.jpg 

おう、昼間と違って、心なしか入りやすいです!  そんでは、下にある2つの浴槽にも浸かってみます?

DSCN6522.jpg 

中央から源泉ドバドバが注がれてましてね、いずれ源泉かけ流しなん

DSCN6535.jpg 

コチラは「昔の湯」←こっからも源泉が出ていたようですね

DSCN6408.jpgDSCN6400.jpg

さて奥の中湯舟は47度かえ??? 未だ熱湯過ぎて浸かれません。。

DSCN6523.jpg  

あいや、んでも手前の深湯は温度がいやんばいになったかな?

 バシャバシャすれば何とか入れるようになりましたね

DSCN6399.jpg  

今まで熱湯で解りずらかったのですが、泉質は柔らかく、スベスベなんです

DSCN6397.jpg 

そうそう、コチラの温泉の凄いところだけど、湯舟下の模様解ります?

天然の岩盤くり抜きなので、このような模様が浮かび上がってますのね

DSCN6412.jpgDSCN6411.jpg

深さによって違いますが、深いところは立ち湯みたいで、更には岩盤の下層(湯かき穴)から源泉が湧き出てるんだってば

もう、圧巻です!機会がありましたら是非お試しくださいな( `ー´)ノ

DSCN6527.jpg 

温まりましたので、朝になったら、リベンジなのね


「露天風呂編(三之亟)」に続きます!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/01/07 ] 温泉 赤倉温泉 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://odennosan.blog134.fc2.com/tb.php/2132-b4899c92